WORKS施工事例

「らしさ」を大切にした暮らし

 


Interview


 

 

ダイニングが無いスタイルが

大空間のベストな間取りつながった

 

 

 

 

 

たくさんのご縁。


上の子が生まれたとき家が欲しいなと思って、ジュートピアに行ってみましたが大きな家ばかりで全く参考になりませんでした。

 

そればかりか営業マンはしつこく家まで来たり電話をかけて来たりしたので、ハウスメーカーで建てたいとは思わなかったです。そんな時、近所で清水工務店の見学会があり、知り合いも清水工務店で家を建てていたので行ってみることにしました。

 

第一印象はアットホームな会社だなと思いました。また、自分たちの周りに清水工務店とつながりがある人たちがたくさんいたし、清水工務店とは縁があるなと思いました。

 

 

 

 

 

土地探しと資金計画。


社長はまず、お金の話からされました。ファイナンシャルプランナーにも入ってもらって勉強しました。金額が大きいので最初はイメージできなかったけど自分たちの将来のことまで考えて資金計画できて良かったと思います。

 

それと並行して土地探しも熱心に協力してもらいました。この土地を見つけた時もすぐに連絡をとってもらって、それからはトントン拍子に話が進みましたね。

 

 

 

こだわり。


私は収納にこだわりました。下の子も生まれるし、できるだけたくさんの収納を用途に合わせて各所に設けました。小上がりの和室コーナーの下にもたっぷりの収納があって大満足です。またランドリーは洗濯物を干すだけではなく、カウンターを造ってもらって、ミシンとか裁縫をする私専用スペースとして使います。

 

僕はリビングの広さですね。ダイニングテーブルは、それぞれの実家も僕たちも使っていなかったので、生活のスタイルを変える必要はないかなと思い、今までのスタイルを重視した結果、ダイニングテーブルを置かない分こんなに広々としたリビングになりました。

 

また無垢材を多く使ったのは木の感じが好きで落ち着くからです。それにこの大空間の吹き抜けがあるので、どこにいても家族の気配が感じられるし、家全体が見渡せるので、リビングを中心にいつも家族が仲良く暮らしていけたらいいなと思っています。

 

 

 

 

🔨 「らしさ」を大切にした暮らし建築の様子はこちらから

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL