WORKS施工事例

バランスワークで家庭菜園のある暮らし

 


Interview


 

 

住み慣れた土地で

奥様の夢 家庭菜園を叶える

願い通りの家が建ちました

 

 

 

 

 

そのデザイン性に魅かれて。


家づくりを考え始めたのは4年前に結婚した時からです。子どもが小学校に上がるころまでには、建てたいなと思っていました。

 

いろんなハウスメーカーのホームページをみて研究していた時、清水工務店の滑川市N様邸完成見学会開催の記事を見て、率直にこんな家が建てたい!と思いました。でもその見学会の日は旅行の予定があり、参加できませんでした。それでもN様邸の工事日誌や、作品集の写真などを見て、どんどん魅かれていきました。

 

そしてある日、清水工務店へ直接行き、資料をもらってきて妻に見せたところ、私と同じようにそのデザイン性がいいと意見が一致しました。そこから、次の見学会に参加し、打合せへと進みました。

 

 

 

 

 

理想の家づくりができる土地探しから。


私の夢は、家庭菜園をすることでした。ですから、土地探しをする時にはまず、日当たりのいい場所ということが第一条件でした。

 

そして、もうひとつは住み慣れた地域ということ。

この条件で土地探しからお手伝いしていただき、絞り込んでいきました。何か所かに絞り込んだ後、それぞれの土地にプランを載せてみて、日当たりのいいこの土地を選びました。

 

 

 

 

 

こだわったところ。


ご主人:ダイニングの二面が窓になっている空間です。コーナーを利用してベンチ型のイスを設置し、ちょっとカフェっぽい感じが気に入っています。

 

奥 様:キッチンという独立した場所が欲しくて、壁に向いているのがよかったので、最初からこのスタイルに決めていました。

 

キッチンボードは白っぽいもので考えていたのですが、このマットな色を見せられた時、これもいいんじゃないかって思い、LIXILさんにきいたら、「あまりこれを使われる方はいませんが、個性的なキッチンになりますよ。」といわれ、ちょっと賭けではあったんですけど、仕上がってみるとオシャレな感じになってよかったと思います。あと、キッチンカウンターでは、娘と一緒に料理したくて造りました。

 

 

 

 

 

家づくりを終えて。


和室を設けなかった分、リビングを広くとることができたり、個々の部屋も充実しているし、水回りなどの家事動線も使いやすく、バランスがとれた家になりました。

 

また、もともとイメージしていたデザイン通りの家が建って、本当に満足しています。

 

 

 


🔨 バランスワークで家庭菜園のある暮らし建築の様子はこちらから


 

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL