WORKS施工事例

中庭のあるシックモダンな暮らし

 


Interview


 

 

料理がきっかけのご夫妻が

将来子供と一緒に立てるキッチンと

洗練されたインテリア

 

 

 

 

 

マンションか、一戸建てか。


結婚後5年間は東京に暮らしていたこともあって、富山に帰ってきた時、まずマンションを購入して住むことを考えました。

 

駅北に新しいマンションができるというのでモデルルームを見に行ったのが2015年の冬でした。そして、ほぼそこに決めかけた時、夫が「やっぱり一戸建てがいい」と言い出して…。

 

 

 

 

 

清水工務店との出会い。


将来、子どもと一緒に庭で遊んだりできるのは、やっぱり一戸建てだなと思いました。プールに入れたりとか、ウッドデッキでただ寝そべってくつろぐのもいいなって。だから、同じ駅北方面で土地探しからスタートしました。

 

そして2016年春、ここの土地の情報を得たときに、不動産業者に「住宅会社どうします?決めています?」って聞かれて…まだ探し中だって言ったら、清水工務店を紹介されて、パンフレットを見たときに良いなって思いました。

 

ちょうど見学会も開催されていたので、じゃあ行ってみようかって。 それまで総合住宅展示場とか色々見ていて、正直営業マンが苦手だったんですけど、清水工務店では日又さんに対応してもらって、日又さんはガツガツしてなくてすごく好印象でしたね。

 

私は、総合住宅展示場のモデルルームには決め手になるものはありませんでしたが、清水工務店の見学会会場やホームぺージに載っている写真を見ると「あ、絶対こっちの方が良いな。私好みかな」って思いました。

 

 

 

 

 

共通の趣味


東京にいたころ、ふたりでよく料理教室に通いました。仕事が終わったら、銀座のスタジオで落ち合って、料理作って、お酒も出るのでお酒も飲んで帰るみたいな。

 

それ以来、夫は私よりよくキッチンに立って、デザート以外なら、なんでも作ります。ですから、将来は子どもと一緒にキッチンに立てたらいいなと思って、通常より45㎝長い3mのキッチンをいれました。また普段からパンを焼くのが好きで、キッチンカウンターなど特にこだわりを持って作ってもらいました。他にもたくさんの要望をとてもお洒落にかたちにしてもらって、本当に大満足です。ありがとうございました。

 

 

 

 


🔨 中庭のあるシックモダンな暮らし建築の様子はこちらから


 

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL