BLOG工事日記

イズムカーロ E様邸工事日記

2014-06-27

祝 お引渡し 

お引越しの関係で、クリーニングと現地チェック終了後、その週末でのお引渡しとなりました。

玄関ホールに入ると畳のいい匂いがしてきて、狙い以上の仕上がりに、E様にもご満足していただけ、

私たちも幸せな気持ちで、お引渡しを終える事ができました。

多忙なお二人に、何とか時間をさいて頂き、この日を迎えられて本当にうれしく思います。

新居は最新の設備が満載ですので、お困りの際は迷わずご連絡下さいね!

では、これからも末永お付き合いのほど、よろしくお願いします。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-06-20

格子が似合う!

玄関アプローチに格子が取り付き、和のおもむきが増して来ました。

ホールの壁の左官仕上げも仕上がり、やっぱり本物はいいなーと感じます。

室内も各所器具付けが始まり、この段階の変化が一番好きです!


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-06-13

あと少し

外部足場も外され、玄関のタイル張りまで進んで来ました。

内部のクロス張りもあと少しです。

今回玄関を畳張りにして、天井もあじろで組むなど、高級和風旅館のおもむきを狙ってみました。

壁の左官仕上げがも始まり、こちらもあと少しで完成です。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-05-28

最盛期

各所のプラスターボード張りが、ピークを迎えています。

ボード張りが進むと、全体のシルエットが見えてきて、ここまで来ると完成まじかです。

大工さんの仕事もこれが終わればほぼ完了、次はクロス屋さん設備屋さんの出番。

棟梁あともう少し、よろしくお願いしますね!


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-05-22

予想以上の仕上がりにホットする。

外壁の塗装工事が完了しました。

最新のソフト系のリシン材を吹付しましたが、見本版以上の発色の良さに、一安心しました。

外壁の吹付工事だけは、イメージ通りに上がるのかは、何年この仕事をしても仕上がりを見るまでは、

落ち着かない感じが抜けません。

内部は各所配線、配管工事も終わり、プラスターボード張りが始まります。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-05-15

進化する床暖房その2

進化した床暖房その1より

15年以上前、床暖房とまきストーブのブームがありました。

その頃の床暖房は、灯油ボイラーで温水を作り、パネルに温水を供給する事で床を暖めるシステムでした。

当時灯油が30円程度、現在90円を超える値段になると、全面を稼動させると5万を超える

灯油代が掛るので、系統を絞って使われるしか無い様な実情に成っています。

また、まきストーブはまきの置き場所と、まきの値段が高くて、イベントでしか付けない家庭が多いと聞きます。

こんな話をする私も、まきストーブに憧れて取り付けましたが、三年で諦め、イベント組になりました・・・

時代は流れ、震災以降各メーカーが持てる省エネ技術を惜しみなく投入して、

電気でヒートポンプを動かし、温水を送ることでパネルを暖める事が出来るシステムを

最新の省エネ技術で改良投入しています。

昨年から採用して頂いていますが、一階の必要な個所をほぼ全面暖めても、電気代が一か月フル運転で、

1万円以下と、安くてとても暖かいとの評価を頂いています!

今回は、床暖房と暖房強化エアコンのダブル省エネ機器を採用されました。

予算が可能ならメインは床暖房、マイナスの気温の日が続く様なら、強化エアコンで暖める。

現在これが、最強の組み合わせかと考えます!

詳しくはこちら 三菱のHPへ

床暖房

http://www.mitsubishielectric.co.jp/works/nakatsugawa/econucool/

暖房強化エアコン

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/corporation/zubadan/.

その2

今回も一階の畳部分以外は全面床暖房を採用して頂きました。

トイレや脱衣場など面積の小さな場所でも、小型のパネルを入れる事で、対応が可能です。

こんな小さなパネルで大丈夫かと、感じられるかもしれませんが、省エネ技術の進化と、

住宅のスペックが向上したことで、可能と成ってきました。

ここまで来たら、自宅も床暖房にしたいくらいですが、暖房強化エアコンは付けられても、

床暖房のあと付けは、不可能では無いですが、問題が多すぎて無理かとあきらめました・・・


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-05-09

次は外壁の塗装材の吹付。

穏やかな天候の中、外壁の防火サイディング張りもほぼ終わり、次は最終の塗装工事が始まります。

色見本から選択、大きなサンプル見本でも確認してもらい、周りのロケーションも考えながら、

ベストな色を選んで頂きました。

内部は、床暖房、各所配線、器具の下地も入れられ、順調に進んでいます。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-04-29

準防火地域の2

準防火地域では様々な防火対策が取られています。

天井部分から上にある屋根裏部分の内側にも、防火対策としてプラスターボード張りが義務付けられ、

大工さんも張りにくい場所を張り分けるので、この作業だけでも一週間以上を費やしていました。

ありがとう水野棟梁、お疲れ様でした!

外部は防火サイディングも搬入され、準備万端です。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-04-22

悩ましい外壁の色・・・

もうすぐ外壁の、無塗装板が張られます。

これに外壁専用の塗装を吹き付けるのですが、何十色もあるカットサンプルのでは判別はプロでも難しいもの。

30センチ程度の吹き付け見本で確認して頂き、最終の色決めをした頂きました。

仕上がりは後のお楽しみに!


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-04-15

シロアリ処理を考える・・・

E様邸もホウ素系の防蟻材である、エコボロンを採用して頂きました。

「ホウ素系防腐防蟻材 エコボロン。」

アメリカ本土の木造住宅では、ホウ酸塩による防蟻処理材はスタンダードとなっています。

イエシロアリが猛威をふるっているハワイ州でも、土台から屋根までほぼ100%に

ホウ酸塩が用いられています。

わが国でも遅ればせながら健康志向が高まり、農薬の代替品を求める動きが強まると共に、

ホウ酸塩に注目が集まり、昨年から、日本でもやっとホウ酸を使用した防蟻剤が、

フラット35でも使用可能な認定薬剤となりました

これからはホウ酸塩の防腐防蟻剤「エコボロンPRO」のようなものが主流になっていくと考えます。

富山では田島木材さんが、代理店となり普及を始めました。

写真3枚目に緑色く見える部分がエコボロンで処理した部分です。

木材のプロが認めたエコボロン、安心できる防腐防蟻材ではと思います。

詳しくはこちらがお勧め

http://ecopowder.com/.


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-04-09

天候に恵まれ

4月に入ってから、一気に快晴の日にちが増えて、自宅の太陽光発電もガンガン発電しています。

各現場も外部作業が順調に進んで、4月、5月はありがたい季節だと毎年感じます。

4枚目の写真は、屋根裏の通気層から、暑い空気を吐き出す部分。

この構法の進化で、夏でも屋根裏や天井が熱くなっらず、高断熱工法には不可欠な仕組みです。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-04-02

準防火地域

E様邸は準防火地域に建設されています。

この地域では、火災から建物を守るために、様々な法的な規制がかけられています。

サッシではガラス面に見える、網状のワイヤーが防火仕様のしるし。

2011年の防火サッツシ問題から3年経ち、厳しい基準のサッシが取り付けられています。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-03-26

ジンクス通り・・・

前にも書きましたが、「地鎮祭が晴れると、上棟式の日も晴れる」そんなジンクスがあります。

E様邸も前日までのドシャ降りが嘘の様に、上棟式当時は快晴に恵まれました。

坪数が大きいので、ダイライトパネルは翌日と成りましたが、屋根の防水紙まで何とか張り上げ、

上棟式を迎える事が出来ました。

式には両家のご両親にも参加いただき、E様にはお心づかいと、あたたかい言葉もかけて貰い、

感謝の気持ちでいっぱいです!

今後とも、末永いお付き合いのほど、よろしくお願いします。

ありがとうございました。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-03-20

建て方日に向けて。

今週末は建て方の予定です。

天気予報は曇りから晴れへ、気温も10度程度との予報。

基礎工事も予定より早く完了して、準備万端で当日を迎えれそうです!


※画像をクリックすると拡大表示します

ラッキーなスタート

地盤調査の結果は、改良工事なしの判定。

このエリアで何度か仕事をしましたが、改良工事の判定が多く、駄目だと思っていたのに良好の判定で、

お客様にも喜んで頂け、順調なスタートと成りました。

基礎の鉄筋組立も完了して、JIO(日本住宅検査保証機構)の検査を受けています。

青いジャンパーの人が検査官、いつも厳しいチェック、ありがとうございます!


※画像をクリックすると拡大表示します

町家風モダンスタイルのイズムカーロ

E様がホームページから資料請求されたのは、昨年7月のこと。その一ヶ月後に、はじめて当社の

ショールームにご来場されました。

中心市街地にあるご実家の敷地の一部に3階建ての家を建てたいということでした。

そこで、図面や3Dを作成しプランニングしましたが、コストがかかる割に面積がとれず、

思い通りのプランは困難だと判明。

その後、近隣での土地探しへと変更し、多少時間はかかりましたが、市街地としては広めの土地に

出会うことができました。

富山市が進めるコンパクトシティーのエリア内、学校やショッピングセンター、様々な文化施設も近く、

地価は高くなりますが、郊外の団地とは違う利便性があり、暮らしやすいところです。

E様邸は、そんな街中にマッチしたプランとなりました。

外観は町屋風の趣きがあり、玄関ホールには畳を敷いて、訪問者を座敷へと和のティストでお迎えします。

でも、リビングへのドアを開ければ、そこは別世界。モダンでスタイリッシュなLDKが広がります。

南がわに中庭があり、各部屋から四季の移りかわりを愉しんだり、光と風をたっぷり入れながらも、

プライバシーは確保します。

様々な想いがかたちとなったE様邸、5月末の完成を目指し工事がスタートします!


※画像をクリックすると拡大表示します

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL