voiceお客様の声

イズムカーロIsm Caro Y様邸

スタートはスチールハウスのあの広々大空間

奥様 3年くらい前、富山に引っ越してきたときかな。関東に住んでいたから、みんな家なんて建てないけど、富山って一戸建てばかりだねって!これからずっと富山に住むんだったら、家建てて良いんだ!って思いました。

清水工務店 それで、最初に何をされましたか?

ご主人  注文住宅ばっかり載っているような本をたくさん買って、勉強しました。

清水工務店 清水工務店との出会いは?

奥様  富山の建築家って検索したら、建築設計 due さんにヒットして、そこからスチールハウスを知りました。それで、due さんとコラボしている清水工務店さんを知ったんです。

ご主人 そう、あのスチールで出来た、広々空間がすごくいいなと思って。

奥様  それで、清水工務店のHPをいろいろ見ていたら、ちょうどカーサ・アマーレの見学会をやっていたので、見に行きました。そしたら、すぐそばに清水工務店のスチールハウスが建っていたんだよね。

ご主人  そう、立山町に建っているのは知っていたけど、まさかあんなすぐそばだとは驚きました。

清水工務店 でも今、鋼鉄の価格が高騰しているから、スチールハウスはムリですよとお伝えしたんですね。

ご主人 そうです。せっかく妻を説得して清水工務店の見学会に連れて行ったのにがっかりでした。

奥様  私は、ちょっとほっとしたんです。大きい吹き抜けは欲しかったけど、鉄骨の印象が強くて私の趣味じゃなかったので(笑)。

清水工務店 そこから、木造での大空間住宅へと変っていったんですね。

ご主人 最初はスチールハウスみたいに、梁がない方がいいと思っていたけど、実際こうして見ると、あの梁がアクセントになってていいなと思ってます。

奥様 出来るだけ、仕切りやドアの数を減らして、家族が一緒にいられる家にしたかったんです。個々の部屋は小さくても、みんなで集まる空間が広くて気持ちいい、ストレスなくみんな一緒にいられるリビングや2階のフロアがとても気に入っています。

清水工務店 そのようなご要望をうかがって、“イズムカーロ50”が誕生したんですね。

ご主人 内容は、注文住宅のイズムカーロですが、所々にカーサキューブのいいところを取り入れたので、キューブ価格の見積りになっていました。

清水工務店 打ち合わせ中のお二人を拝見していて、とても仲が良くって楽しそうでしたね。家づくりでお二人の意見が食い違うことはありませんでしたか?

奥様 私はとても気が変わりやすいし、一度はこれでいい!って思うんだけど、後で後悔したりとか結構あるんですが、パパはぶれないので、パパが好きなものを生かした家の方が、絶対あとで後悔しないかなって思ったんです。

ご主人 本当?そういえば、ほとんど言い合いにはならなかったよね。

清水工務店 それで、出来上がった家はいかがですか?

奥様  なんかホテルみたいで、本当にここに住むのかって…まだ実感がわきません。こんなに素敵でいいの?思っていた以上、2倍、3倍、4倍、5倍に素敵だった!

子育て世代のしつけと家づくり

清水工務店 Y様邸を見学されたお客さまにとても好評だったのは、寝室横のクローゼットです。

ご主人 寝室は8畳、ベッド2台置いて寝れるだけの広さがあればよかった。その分、くろーぜっとが大きめにとれたけど、別に洋服をたくさん持っているわけでもないんです。両サイドにパイプを設置して、できるだけ、かけて収納出来れば楽ですよって提案してもらいました。

奥様 でも、子ども部屋には収納を作らなかったんです。新しいタンスを置いて、収納させるつもりです。

ご主人  子どもは、楽しちゃいかんね。

奥様 子どものうちに、あんまりいい思いをさせすぎると、良くないっていう考えなんですよ、私たち。

清水工務店 じゃあ、子どもたちは、洗濯物も自分でたたんで自分で収納するんですね。

ご主人 そうです。もうすでに二人ともやってますけどね。

奥様 ちょっと不自由な面を残しておかないと、人間って成長しないんですよね。

清水工務店 大人は楽々収納でも、子どもたちには楽させない。その考えは、しつけ面でももちろん、子育て世代の家づくりにおいても、とても参考になりますね。

奥様 二人とも女の子だし、子ども部屋は12畳くらいあるけど、ずっと仕切らず二人で仲良くいてくれたらと思ってドアもひとつにしました。

ご主人 あと、二人ともいなくなったら、自分たちが使う、その時には間仕切りなんかいらないから…。

清水工務店 ちゃんと先の先まで見据えた家づくりをされたんですね。とても参考になりました。ありがとうございます。

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL