BLOG工事日記

イズムカーロ T様邸工事日記

2013-05-17

見逃せない、完成見学会開催!!!

今週末、18日(土)、19日(日)は完成見学会を開催しています。

現在、二世帯をご検討中のお客様。

将来を考えると、一階に寝室は必要だとお考えのお客様。

必要な部屋をプランすると、広さは50坪程度は必要だと気づかれたお客様。

だけど予算は、抑えたいとお考えのお客様。

今回は、このようなお客様には、必見の間取りの見学会です。

二日間限定ですのでお見逃しなく!

皆様のご来場心よりお待ちしております。

代表取締役社長 清水祐信


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-05-15

ひとつ上の仕上りに、手ごたえあり!

今回,ありがちな二世帯住宅に見えない様に、和室を一段上げたりする手法等は同じでも、

カーサシリーズで使う階段、天井までのハイドア、障子も太鼓張りするなどデザイン性と機能が

高い製品を各所に盛り込む事で、長く飽きのこない住宅となるように配慮してきました。

クリーニングも終わり、各所器具付けが進んで、仕上がりの良さに手ごたえありです!


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-05-08

最新のクロス

クロス選びは、初めてのお客がほとんどです。

ですので、毎回、クロスの見本帳から、お気に入りのクロスを

20種類程度選んでいただき、30センチ角の大きいサンプル見本で、

最終決定をしてもらいます。

小さな見本では分かりにくいクロス選びも、このサイズになると

イメージがつかみやすく、「イメージと違う」と言うことが、ほとんど無く

なりました。

今回は最新の柄物も、何か所か選んでいただき、仕上りが楽しみです!


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-04-30

一歩差をつける梁の見せ方。

T様邸のリビング、ダイニングは、和室が一段上がった状態で取り入れてあります。

今回、和モダンで和室とリビングを違和感なく繋ぐ素材として、梁と柱を上手く見せる手法とりました。

構造体を初期段階で美しく配列することで、コストを掛けずに空間のエネルギーも上がり、

和の新しい魅力を増すことができます。


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-04-23

外部足場が取り外されました。

外部の足場が無くなり、現地がスッツキリしました。

内部もプラスターボード張りが始まり、最終段階に入っています。

選んでいただいた、クロスのサンプル見本も届いたので、残りは悩ましい

クロス選び・・・最後の楽しみでもあります。

T様あともう少し、頑張りましょうね!


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-04-18

配線の最終確認

外部は外壁工事が完了、内部は配線工事まで、進んできました。

通常、電気配線工事完了直前に、お客様に最終確認をしていただきます。

この段階が、追加と変更可能な最後のタイミング。

図面だけでは伝わらない部分ですので、大切な確認作業となります。


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-04-09

最新式床暖房

今回、一階はすべて床暖房を採用いただきました。

最新のヒートポンプを使う方式で、光熱費が劇的に下がり、家計を助けます。

この方式も三年ていどたち、各社メーカーとも安定期に入ったので、

今季より積極的に、お勧めし始めました。

暖房強化エアコンとの併用でより暖かく、温度管理もしやすい上に省エネ、

オール電化とのマッチングもよく、原発の事もあり少しづつこの方式が

主流になるかもしれません・・・


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-04-02

狙い通りの色合い。

外壁工事が順調に進んでいます。

外壁の張り分けは、一歩間違えると安っぽく見えることがあります。

今回はCGでも何パターンも確認し、かなり吟味して色、柄を決めていただ

いたので、狙い通りの仕上がりに、一安心しました!


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-03-27

高性能住宅の基本は気密、断熱にあり。

外壁の耐力面材ダイライトパネルとウレタン吹付の相乗効果で、

C値は0.8 (カーロ仕様平均実測値)

Q値は2.0 以下と高い性能を実現しています。

ウレタン吹付の作業は、何度みても大変過酷な作業。

これからも綺麗な吹付、よろしくお願いします!


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-03-21

本物の重量感

屋根工事がいい感じで、完了しました。

最近はガルバリュウム鋼鈑葺きが多く、久しぶりの瓦屋根ですが、

瓦ならではの重量感と質感は、日本人の心を揺り動かす何かを感じます。


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-03-12

進化する屋根瓦

通気構法が常識となった現在、屋根瓦も棟部分から、熱い空気が排出される様な構造となっています。

瓦屋根が夏場焼きついても、室内は常に快適な状態に保たれます。


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-03-07

目標まで完了!

天候も予報通り快晴!順調に工事も進み、屋根の防水紙まで進める事が出来ました。

この一週間、予報では晴れベースで行けそう。

屋根、外部廻りを一気に進めるぞ・・・

棟梁、お願いします!!!


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-03-06

明日上棟!

上棟用の資材が搬入され、外部足場の組立も完了しました。

明日はいよいよ建て方日、天候も晴れの予報。

M棟梁よろしくお願いしますね!


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-02-26

毎日が晴れなら・・・

久々の快晴の中、完成した基礎の周りの埋戻しや、付属の土間などの作業を急ピッチで進めています。

エッジがきいた、綺麗な仕上がりの基礎を見ていると、次の工程である木工事の精度に、

期待と安心感が持てます。

桜井さん、午前はT様邸、午後はI様邸へと、ハードな一日 「ありがとう!」


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-02-21

晴れ間を見ながら。

この時期は天候に逆らうことなく、貴重な晴れ間を見ながらの作業が続きます。

基礎の鉄筋組立が終わり、JIO(日本住宅検査保証機構)の検査も完了!

コンクりート打設日は、晴れる予定・・・!?


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-02-19

地盤改良工事

最新の砕石パイル スクリュー・ プレス工法の工程写真です。

地面に穴を開けるのでは無く、押し広げる圧密と砕石によって、液状化にも強い、より強固な地盤を作りあげます。

詳しくはこちら http://www.grountec.net/screw_press/screw-press.html#p04


※画像をクリックすると拡大表示します

2013-02-15

定番スタイルが新しい!

T様邸は、県外にお住まいのご両親を迎えての二世帯住宅。

お子様3人を含め7人家族の大所帯になるので、坪数が60坪を超えても不思議ではありません。

しかしT様邸は、50坪程度に収めたいとのご要望からプランニングがスタートしました。

そこで1階と2階の家族構成をどのようにして、ご家族それぞれのご要望をいかにまとめるかが課題でした。

キッツチンとお風呂は共有することで、水廻りスペースをコンパクトにし、その代わりランドリーは1階と2階に設け、それぞれの家族がより使いやすい様にプランニングしました。

また、構造の基本構成は長方形の総二階。

この形は一番無駄が少なく、構造的にも強いことをお客様にもご理解いただきました。

総二階だと単調になりがちな外観ですが、サイディングを張りわけたり、サッシ取り付けの高さや、庇の出幅をなどを調整することで、定番スタイルをより新鮮に見せる手法を取りました。

内部もリビング階段を中心に置くことで、共有スペースと寝室などのプライベートエリアを上手く分離し、清水工務店ならではの見せ方で、綺麗にまとまりそうです!

「進化する定番スタイル。」完成をお楽しみに!


※画像をクリックすると拡大表示します

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL