BLOG工事日記

平屋住宅 K様邸工事日記

2014-11-21

平屋住宅  一生モノ !

「絶対見逃ない二日間!」

明日22日(土)、23日(日)の二日間限定の見学会が開催されます。

ここからはコンセプトから・・・

現在、オーナー様や協力業者の仲間たちからの紹介受注が58%まで伸びてきました。

K様も協力業者の紹介で、業者さんにすれば、たくさんお付き合いのある会社の中から

当社を推薦していただいたと思えば、本当に嬉しく感じる瞬間です。

K様邸は100坪以上の敷地をお持ちでしたので、最初から平屋住宅をお勧めしました。

初めは、当社オリジナルの平屋住宅とカーサバッソの両方をご提案して、

敷地条件とご家族のライフスタイルを考えていただきました。

南道路で東西に広い好条件を生かすため、何パターンか3Dでお見せして、

最終的には、南からの日差しと北からの風を上手くコントロールするため、

南面の庇と北面の窓、あとは高窓を取り付けて風を自然に流す

当社お勧めのパッシブスタイルをご採用いただきました。

K様ご家族には育ち盛りのお子さんがふたり。

子育て中も将来もずっと笑顔で暮らせる、そんな平屋住宅のプランになりました。

またK様邸は、JRと地鉄電車が行き交う最高のロケーションに建ちます。

それは電車の窓からもK様邸が見えるということ・・・。

通勤や通学で電車に乗った人の目に映るK様邸は、田園風景の中に溶け込み、

朝夕で別の表情をもち、毎日見ても飽きずに良い住まいだな・・・と

思っていただけるような、最良の平屋住宅になるのでは…と今から楽しみです。

以上コンセプトより

この時期から、リビングの奥まで、タップリ南の光が入る平屋住宅、撮影中は本当に暖かでした。

富山に住むなら、将来を見据えた平屋住宅、これからの家づくりの賢い選択です。

この二日間、皆様のご来場心よりお待ちしております!

代表取締役 社長  清水祐信


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-11-16

完成直前の余韻に浸る。

週末の見学会に向けて、クリーニングまで完了。

サービスカット!


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-11-05

空間にメリハリ。

プラターボード張りも完了して、クロス張りの準備が始まりました。

見せる梁を生地仕上げで、ナチュラルな感じにまとめるか、色を入れるかで全体の印象が大きく変化します。

今回は少し濃いめの色を入れる事で、空間にインパクトを与える方を選択して頂きました。

空間ボリュームがあるので、ちょうどいい感じに仕上がりそう!


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-10-29

頑張る人の、孤独な時間。

一人淡々とプラスターボードを張り続ける水野棟梁・・・一週間でボード山を消してしまいました!

職人さんたちの頑張った集合体が住宅だと考えると、日々感謝せずにはいられません。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-10-20

山積みのプラスターボードを前に・・・

外壁のサイディング張りも終わり、全体像が見えて来ました。

スッキリと上品にまとまり、いい感じに仕上がりそう!

内部はプラスターボードが搬入され、どっさり積まれました。

これを一人で張り切ると想像するだけで、大工さの苦労が理解できます。

頑張れ水野棟梁!!!


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-10-10

さらに複雑になる電気配線。

電気の配線工事がピークを迎えてきました。

地デジ、ケーブルテレビ、110度スカパー、フレッツ光、IP電話、ラン配線、Wi-Fi,など、新しい方式と

システムが入り乱れ、住宅内部の配線は想像を超える難しさがありますが、担当者と電気工事屋さんは、

複雑を極める工事を悩みながらも、淡々と進めるので、いつも関心しています。

エアコン、IH、エコキュート、まだまだありますからね!

大工さんは、ナラ無垢材のオイル仕上げを張り上げる中。

輸入資材の不足で今後無垢材は、本当に貴重な材料と成り、手に入らない日も遠くない気がします・・・


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-09-26

いい空は青い・・・その3

外壁の板金工事もほぼ終わり、永田板金さんが、最終の細かい納めを仕上げています。

正面の残りの部分は、防火サイディング張りで仕上げる予定。

内部も天井下地が進んで来て、リビングの高天井の雰囲気が見えて来ました。

この高天井と高窓、深い庇、北からの風の通り道、高い断熱性能などの相乗効果で、夏はエアコンが、

必要無いくらいの体感温度と、冬は低い角度からの太陽光がリビングの奥まで到達して、暖房効果を高めて、

省エネ性をより発揮します。

高性能住宅に太陽と風、これに省エネ機器が加わることで、より少ないエネルギーで、快適に過ごして頂けます。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-09-17

いい空は、青い・・・その2

今月に入ってから、ありがたい秋晴れの日々が続いています。

板金工事のエキスパート、雨漏りなしの守護神である、永田板金さんが外壁のガルバリウム

鋼板張りの下準備を始めました。

当社の協力業者として、先代の代から長らく屋根、壁の板金工事のかなめを務め

雨漏りなしを信念に、共に頑張ってきた大先輩。

お互いに年齢は高く成りましたが、体の続くかぎり頑張りましょうね!

室内はウレタン断熱の吹付も終わり、天井下地の取り付けが始まります。

予想通りの空間ボリュームと明るさについニッコリ!


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-09-10

見なくなるけど、大切な部分。

周りの田んぼは稲刈り直前、今年こそは一等米が増えます様に!

現場は床下の配管や耐震金物の取り付けが終わり、断熱材で見えなくなる前に、

JIO(日本住宅保証検査機構)の検査を受けました。

写真の四枚目と五枚目は、最新の設備配管の写真。

長期優良住宅の普及と共に、床下に入る設備配管もより高度な技術と長い耐久性

のある物に進化しています。

日本の技術力は、このような分野でも世界一ではないかと思います。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-09-01

美しい平屋住宅がふえると、日本は変わると思う!

不安定な天候が続く中、建て方がスタート。

富山市内は朝からの小雨模様でしたが、このエリアは何とか夕方まで天気がもちました。

5時頃から降って来た小雨の中、何とか屋根の防水紙まで張り上げることが出来て、

「さすが水野棟梁のチーム!」

ここまで進むと思っていなかったK様からは、驚きと感謝の言葉を貰い、またお忙しい中ご家族で

上棟式に駆けつけって頂き、スタッフにもお心づくしまで頂戴し、本当にありがとうございました。

これからも、末永いお付き合いのほど、よろしくお願いします。

清水祐信


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-08-22

実りの秋目前!

週明けの建て方に向けて、準備が進んでいます。

周りの田んぼも、もう少しで黄金色に変わりそう。

全国的に、不安定な天候が続いていますが、何とか小雨ぐらいで済みます様に、

お天気の神様よろしくお願いします!


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-08-12

恵みの雨・・・

台風通過直前の写真。

型枠が外された直後のコンクリートは、急激に乾燥されるとひび割等の原因になります。

この数日間の雨は、植物にとってもコンクリートにとっても、恵みの雨となりました。

美しく仕上がったコンクリートが、雨にしっとり濡れる姿は、打ち放しコンクリート好きにはたまりません。


※画像をクリックすると拡大表示します

2014-08-04

信頼を支える基礎工事。

大型の平屋住宅の基礎は何度見ても圧巻です。

通常見かける基礎の倍のサイズがありますので、JIO(日本住宅保証検査機構)の検査員も、

時間をかけて入念に検査をしていました。

この基礎の上に平屋住宅が建つと思うと、今からワクワクしてきます!


※画像をクリックすると拡大表示します

全ては地鎮祭から始まる。

穏やかな天候の中での地鎮祭。

今回は久々の女性の神主さんにより、丁寧な祭事が執り行われました。

古式ゆかしい衣装がとても新鮮で、日本人で良かったと、改めて感じる瞬間です。

現地は多少高低差がありますが、微調整しながら工事が進んできました。


※画像をクリックすると拡大表示します

田園風景に溶け込んだ平屋住宅

現在、オーナー様や協力業者の仲間たちからの紹介受注が58%まで伸びてきました。

K様も協力業者の紹介で、業者さんにすれば、たくさんお付き合いのある会社の中から

当社を推薦していただいたと思えば、本当に嬉しく感じる瞬間です。

K様邸は100坪以上の敷地をお持ちでしたので、最初から平屋住宅をお勧めしました。

初めは、当社オリジナルの平屋住宅とカーサバッソの両方をご提案して、

敷地条件とご家族のライフスタイルを考えていただきました。

南道路で東西に広い好条件を生かすため、何パターンか3Dでお見せして、

最終的には、南からの日差しと北からの風を上手くコントロールするため、

南面の庇と北面の窓、あとは高窓を取り付けて風を自然に流す

当社お勧めのパッシブスタイルをご採用いただきました。

K様ご家族には育ち盛りのお子さんがふたり。

子育て中も将来もずっと笑顔で暮らせる、そんな平屋住宅のプランになりました。

またK様邸は、JRと地鉄電車が行き交う最高のロケーションに建ちます。

それは電車の窓からもK様邸が見えるということ・・・。

通勤や通学で電車に乗った人の目に映るK様邸は、田園風景の中に溶け込み、

朝夕で別の表情をもち、毎日見ても飽きずに良い住まいだな・・・と

思っていただけるような、最良の平屋住宅になるのでは…と今から楽しみです。


※画像をクリックすると拡大表示します

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL