BLOG工事日記

イズムカーロ O様邸工事日記

快適で暮らしやすい二世帯住宅。

O様邸のお引渡しが終わりました。

手直しなどもあり、引っ越し日でのお引渡しと成ってしまい、ご迷惑をお掛けして

申し訳ありませんでした。

畳が遅れた為に、一番の見せ場の写真も撮りきれず、残念でなりません。

まだ残工事も残っていますが、きちんと仕上げますのでご安心下さいね!

近所には棟梁もいます、アフターは万全の体制でのぞみますので、今後とも末永いお付き合いのほど

よろしくお願いします。


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-11-06

あと少し!

各所クロス張りが終わりました。

今回は、多少冒険もしていただき、クロスを選んでもらいましたが大正解です!


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-10-25

一瞬の静寂その2

こちらもプラスターボード張りが完了して、大工工事がひとまず終わった現地です。

残材や資材が片付けられ、だれもいない静かな室内は、夏休みの教室へ入った時の様な気持ちになり、

けっこう好きな感覚です!

来週からはクロス張りが始まり、完成に向けて最後の追い込みが始まります。


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-10-14

理想のワークステーション!

外部のガルバリウム鋼板葺が終わり、サイディング工事待ちです。

内部は配線工事もほぼ終わり、大工さんがニッチや一段上がった畳コーナー、ワークスペースなど、

様々な造作を仕込んでいます。

今回はワークスペースを充実される工夫が、盛りだくさんに配置されていますので、完成をお楽しみに!


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-10-06

上下階の音を調整する。

二世帯住宅において、上下階の音の問題は十分に検討するべき課題です。

現代の技術を持ってすれば、ほとんど聞こえないレベルまで音を減衰されるとこは可能ですが、

費用対効果を考えた時に、どの程度まで下げるかは、上下階の配置を含めて話し合いが必要かと思います。

今回は、寝室が一階に成る部分に絞って防音対策をこうじました。

写真で黒く見るのが防振吊り木、これにより二階からの振動をまずは止め、天井裏に吸音材を入れ、

遮音シートとプラスターボードを二重張りすることで、気にならない程度の音量まで下げる方法を

採用して頂きました。

多少はお互いの生活音がした方が、安心との意見集約の結果です。


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-09-18

さすが扇山棟梁親子!

三週間たたない内に、外壁下地が終わり、内部もウレタン吹付完了、天井下地まで進んでいました。

早すぎるよ棟梁!

慌てて床材が搬入され、床張りが開始されました。

まだ配線の打ち合わせが終わっていないのに・・・急がねば!!!


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-08-28

完璧な一日。

風の盆まじかのこの時期、作業もいく分しやすい気温に成って来ました。

今日の建て方は、扇山棟梁の仲間たちです。

最強のメンバーは、60坪以上の建物を外部はダイライトパネル、屋根の防水紙まで

一日で仕上げてくれました。

疲れを見せない棟梁たちも、さすがにバテバテでしたが、ここまで仕上げられた達成感で、

充実しきった表情に、職人魂を強く感じました。

本当におつかれさまです!!!

O様ご家族には、様々にご配慮頂きありがとうございました。

棟梁はじめ皆に温かい言葉を掛けて頂き、心地の良い疲労感と充実感に包まれて上棟式を

納める事が出来、ありがとうございました。

今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いします。


※画像をクリックすると拡大表示します

全てのかなめは、基礎にあり。

今年の夏は異常な暑さでしたが、集中豪雨などが無かったので、基礎工事などもはかどり、

各現場とも順調に進んでいます。

暑さをとるか、雨に打たれながら現場を進めるかと聞かれれば・・・暑さかな。

現地は基礎工事と外部の配管工事も終わり、コンクリートの養生期間、この時間がコンクリートを

強く美しくします。

次は棟梁の登場で大工工事が始まり、華やかな上棟が待っています!


※画像をクリックすると拡大表示します

解体その先にあるもの

建築にたずさわる者として、建物が解体される姿は、何度見ても少し悲しい気持ちにに成ります。

ただ解体が終わり、整地された敷地を見ると、ワクワクした気持ちが芽生えるのも事実。

解体と創、造奥深いテーマかもしれません。

現地は基礎工事が始まり、ベタ基礎の底板部分が美しく仕上がっています。


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-08-19

二世帯住宅「つむぎ」 O様邸

震災で家族の絆というものが見なおされて以降、二世帯住宅を考えられる方が増えたように思います。

当社でも昨年だけで、5棟の二世帯住宅を建てさせていただきました。

しかしひと口に二世帯住宅といっても、そこには様々な事情があり、カタチも多種多様です。

では、今なぜ二世帯住宅が見なおされているのでしょう。

それは、「家族とのつながり」や「安心感」を重視される方が増えたこと。

そのうえ、経済的な負担(住宅ローンや生活費)を分担できるという利点があるからだと思います。

ただ、初めから二世帯で暮らしておられる方よりも、新築後から二世帯で暮らすといった方が多く、

その場合、それぞれのプライバシーを尊重したうえで、それぞれがどこまで関わって生活していくのか・・・

それがプランニングの重要ポイントになってきます。

O様ご家族は、親世帯の家を建て替えて、新たに子世帯が同居するという二世帯住宅です。

玄関はひとつですが、キッチン、バス、トイレなどは、二世帯分ある上下分離タイプ。

ただし一階の和室は共有で使えるようにし、玄関ホールに階段をもうけて

子世帯が遅く帰宅しても、親世帯にはできるだけ音の負担がないよう配慮しました。

家族みんなが、とことん話し合い、一番いいカタチの暮らしを創り上げる・・・。

それが、二世帯で暮らすということなのです。

私たちは「二世帯の家づくり」に多く関わる中で、住まいとは、「家族の絆をつむぐ場」なのだと

お客さまに教えていただきました。

また、家づくりを通じて、親世帯と子世帯が近づいていく場面を何度も見てきました。

暮らしていくうちに家族になっていく。

ゆっくりと重なりあっていく。

そんな二世帯住宅を創っていきたいという思いから、

このような二世帯住宅に『つむぎ』と名付けました。

二世帯住宅『つむぎ』O様邸。

寒くなる前のお引っ越しを目指して、いよいよ着工です!


※画像をクリックすると拡大表示します

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL