BLOG工事日記

カーサ・キューブ N様邸工事日記

2016-02-05

カーサキューブに込めた想い・・・見逃せない二日間の始まり!

「カーサキューブ」開発から10年、当社が富山県で取扱いを初めて7年の歳月が流れました。

昨年新しく「カーサリボーン」として、床材や階段などの選択肢が増え自由度が増したのですが、

N様は初めて見た、初期のスタイルが大好きで、素材に関してはキューブオリジナル仕様にこだわり、

ぶれずに最後まで基本仕様を再現されました。

全国のキューブ加盟店さんと話すと、キューブブームがもう一度来ているとの話になります。

本物が持つ機能美と性能が、10年の歳月を掛けて、時代が追い付いた気がしています。

二日間限定の見学会、この機会をお見逃し無く!

皆様のご来場心よりお待ちしております。

代表取締役社長   清水祐信


※画像をクリックすると拡大表示します

2016-02-01

収納内部を考える。

収納は沢山欲しいとの希望は、多くのお客様からお伺いする要望の一つです。

最近はシンプルライフを目指して、物は少なく成る傾向にはありますが、各所に欲しいのが、

本音のところではと感じます。

今回は50坪サイズのキューブでしたので、適材適所にタップリと収納をとることが出来ました。

このあたりの容量は、総二階50坪、BOXタイプの家の無駄の無い広さのたまものだと、

改めて感心しています。


※画像をクリックすると拡大表示します

2016-01-23

魔法 天窓効果!

カーサキューブの特徴の一つである、天窓と吹き抜け、スリット窓。

外観からは想像出来ないくらいの、明るさと解放感があります。

また、スリッツト窓から入る光と風は、風の無い日でも吹き抜けとの相乗効果で、重力換気が

効率的に行われ、大きいな窓だから良いだろうと言う考え方とは次元の違う、換気、採光、断熱、

そして高い防犯性も兼ね備えています。

カーサキューブならではの様々な特徴は、開発から10年が経った今も、色あせる事がありません。


※画像をクリックすると拡大表示します

2016-01-14

LEDを考える。

外部足場も無くなり、内部は各所器具付けが始まっています。

今回天井のLED照明は、電球を交換するタイプの物を選択されました。

各メーカーは、一斉に内蔵型のLEDにシフトしたので、電球別のタイプの器具が選べる選択肢が

とても少なく成ってきました。

15年とも20年もつとも言われるLED照明ですが、切れる時は一斉に切れる事も予想されます。

20年先にLED照明器具がどのような変化を遂げているか、予想するのは難しい現実もありますが、

今回の様な選択も現時点ではありかもしれません。


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-12-30

床暖房復活!

ヒートポンプ式の床暖房、昨年から多数ご採用して頂いていますが、一階の必要な個所をほぼ全面暖めても

電気代が一か月フル運転で、1万円前後と、安くてとても暖かいとの評価を頂いています!

床暖房の暖かさに関して、昔の様に高温の温水を送るタイプでは無くなっているので、自然な暖かさが

持続します。

これも建物の性能がアップしてきたおかげで、家全体が温度差の少ない安全で快適な生活をおくって

いただける様に成りました。

今回は、床暖房と暖房強化エアコンのダブル省エネ機器を採用されました。

予算が可能ならメインは床暖房、マイナスの気温の日が続く様なら、強化エアコンで暖める。

現在これが、最強の組み合わせかと考えます!

詳しくはこちら 三菱のHPへ

床暖房

http://www.mitsubishielectric.co.jp/works/nakatsugawa/econucool/

暖房強化エアコン

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/corporation/zubadan/


※画像をクリックすると拡大表示します

2015-12-16

快調進んでいます!

暖冬の今年はありがたい事に、どの現場も快調に進んでいます。

外部は、屋根、外壁工事も終盤、内部はウレタン吹付も終わり、24時間換気のダクト工事まで、

進んで来ました。

次は、床暖房などの床周りの工事が始まります。


※画像をクリックすると拡大表示します

祝上棟 段取り八分!

カーサキューブの特徴の一つとして、天窓からの採光があります。

扇山棟梁は、キューブを何棟も建てているので、前日には天窓の架台も下ごしらえをして、

天候も大丈夫そうなので、一階の柱も起こし準備万端で建て方の日を迎えました。

当日は安定した天候の中、屋根の防水紙まで、一気に仕上がるほどの勢いで建て方が完了。

昔から段取り八分とは、よく言ったもので、扇山棟梁親子には毎回感謝の気持ちで一杯になります。

施主のN様からは、お心づかいとお褒めの言葉を掛けて頂き、棟梁親子と仲間たち、N様ご家族も、

完璧な一日を共有できた喜びに、幸せな気持ちにで上棟式を終える事が出来ました。

N様ご家族には、様々にご配慮頂き、ありがとうございます。

これかも、末永いお付き合いのほど、よろしくお願いします!!!


※画像をクリックすると拡大表示します

完成までの過程に思いを馳せる。

基礎工事が完了しました。

掘るだけでも大変な地盤。

何事も無かった様に完成したした基礎を眺めると、櫻井組さんの苦労が浮かんできます・・・

今回も美しい基礎、ありがとうございます!!!


※画像をクリックすると拡大表示します

基礎屋さん泣かせだけど、最高の地盤!

地盤調査の結果から、最強の地盤だと分かっていました。

先行で配管工事をしましたが、凄いサイズの玉石がゴロゴロ出て来ました!

次の工程の基礎屋さんの事を思うと、申し訳ない気持ちに成るくらいですが、最強の基礎になると思えば、

そんなことも言っていられません。

いつもながら、綺麗に組み立てられた鉄筋に、強い安心感を感じます。


※画像をクリックすると拡大表示します

I LOVE casa cube

N様がcasa cubeと出会ったのは、5年前のこと。

当社のホームページをご覧になり、資料請求いただいたのがきっかけでした。

その後、土地も購入され、いろいろなプランを載せられたのですが、なかなか最後の一歩が踏み出せずに

いらっしゃいました。

そして、casa cubeが生まれてから7年目をむかえた今年。

casa cubeは新しく生まれ変わり、バージョンアップしたとのニュースを聞かれたN様は、数年ぶりに

当社の見学会に来場されました。

生まれ変わったcasa cubeは、コンセプトや造作家具など変更する必要のないものはそのままに、

外壁の塗り壁の色、床材、階段の種類、タイルなどは、カーサプロが選び抜いた素材の中から選択できる

セミオーダ的な部分を盛り込む事で、基本形を崩すことなく、オリジナリティをも盛り込めるようになりました。

N様は「casa cubeを初めて見た時の衝撃がどうしても忘れる事ができなかった!

色々フルオーダーでプラン提案を受けても、何かもの足りない気がして、迷うだけで決めきれない

もどかしさに、もう一度、原点に立ち返ってみようと思いました。」と・・・。

その後、打ち合わせを重ね、casa cube 6タイプをベースに、車庫はランドリーと収納に変更、

それ以外は気に入った参考プランをそのままに、内装も全てキューブ初期の基本のままで、

ぶれない選択を決断されました。

N様との打ち合わせを通して、7年たっても色あせない、casa cubeの凄さを、改めて再認識しました。

casa cubeをこよなく愛しておられるN様、5年越しの夢が叶うのも、もうすぐです!


※画像をクリックすると拡大表示します

  • 施工事例
  • イベント
  • 資料請求
  • TEL